あなたへのアドバイス(産後1~3ヶ月:Aのあなた)

アドバイス

【A】のあなたは

お一人でものすごく頑張っているのではないでしょうか。赤ちゃんと過ごしていると、思い通りにならないことは日常茶飯事。もしかすると、ちょっとストレスを強く感じていらっしゃるかもしれません。きっとすでにとっても頑張っているのだと思いますので、完璧さを求めず、赤ちゃんが寝ている時には出来るだけ身体を休め、手を抜けるところは遠慮なく手を抜きましょう。ママの負担を減らし、楽に過ごすことは子育てに必要なことです。地域の保健師さんや助産師さん、子育て支援センターなどに「ちょっと今こんなことが大変。支援してほしい」とヘルプを求めてみてください。

 

←元のページに戻る

 

お問合せはこちら

 

このアドバイスは、「生誕1000日見守り研究班」が作成しています。

 

アドバイスについてご不明な点は以下までお問い合わせください。
mimamoritai1000@sahs.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学生誕1000日見守り研究班・自治体様問合せ窓口
電話番号 06-6879-2533

(大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 遠藤教授室 担当:中本)