あなたへのアドバイス(1歳前後:Bのあなた)

アドバイス

【B】のあなたは

自分で動けるようになったお子さんとの生活は、楽しくて嬉しいこともあれば、うまくいかなくて落ち込むこともあるかもしれません。でも、大丈夫。落ち込んだり、自分を責めたりしてしまうことがあっても、それだけお子さんへの思いがたくさんあるということだと思います。お子さんを思う気持ちを持っているならば、それでまずはOKです。その次に必要であれば具体的なサポートを受けてゆくようにしましょう。
子育て支援を一つでも多く見つけて積極的に使ってみましょう。お子さんのことやママ自身のことで心配なことがあれば、保健師さんや小児科の先生に相談してみるのも良いでしょう。

 

←元のページに戻る

 

お問合せはこちら

 

このアドバイスは、「生誕1000日見守り研究班」が作成しています。

 

アドバイスについてご不明な点は以下までお問い合わせください。
mimamoritai1000@sahs.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学生誕1000日見守り研究班・自治体様問合せ窓口
電話番号 06-6879-2533

(大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 遠藤教授室 担当:中本)