お子さんはどんなタイプ?(2歳まで:Cのあなた)

アドバイス

【C】のあなたは

お子さんがいやいや期であっても、ママが上手に対応できているようです。いやいや期とはいえ、カタコトの言葉を話したり、自分の足でしっかりと歩けるようになった我が子を誇らしく思うこともありそうですね。

 

一言アドバイス

今しかないお子さんの可愛らしい姿と主張が出来るようになったという大きな成長を見守りつつ、ママ自身の「自分時間」も大切にしていきましょう。

 

←元のページに戻る

 

お問合せはこちら

 

このアドバイスは、「生誕1000日見守り研究班」が作成しています。

 

アドバイスについてご不明な点は以下までお問い合わせください。
mimamoritai1000@sahs.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学生誕1000日見守り研究班・自治体様問合せ窓口
電話番号 06-6879-2533

(大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 遠藤教授室 担当:中本)