10月12日 開催【オンライン座談会】by大阪大学・生誕1000日見守り研究

ニュース

みなさん、こんにちは。

妊婦さん・0歳の赤ちゃんがいらっしゃるママを対象にしたオンライン座談会が、10月12日に開催されます。
新型コロナの影響で立ち合い出産や両親学級などが中止となったり、妊婦さん・ママ同士のお友だちも作りにくい状況です。
なにかと不安を感じながら妊娠期間や産後をお過ごしのみなさまのお役に立てるよう、「大阪大学・生誕1000日見守り研究」では無料でご参加いただけるお話会を実施しています。
妊娠・出産・育児に関する不安や悩み事などを先生や助産師さんに質問したり、同じ時期にご出産のママと一緒にお話ししてみませんか?

赤ちゃん・お子さんと一緒のご参加も大歓迎です!
授乳やおむつ替えをしながらのご参加ももちろんOK!

 

【こんな方におすすめです!】

  • ほかの妊婦さんやママとお話してみたい
  • 産科&小児科の先生や助産師さんに聞いてみたいことがある
  • 妊娠・出産・育児で、心配なことがある
  • マイナートラブルがつらい!
  • 授乳がうまくいかず不安
  • 赤ちゃんが寝てくれなくて、つらい…
  • パパには話しにくい不安や悩みがある

【これまでに、こんなお悩み・疑問についてお話しました】

  • 母乳に食べ物はどう関係するの?
  • 出産まで残りわずか、これだけは準備しておくとよい物は?
  • 妊娠中の尿漏れが気になる
  • 体重増加はどこまでOK?
  • 妊娠帯は必ず必要?
  • 産後うつの乗り切り方
  • 赤ちゃんの体重が増えずに不安

オンライン座談会概要

◆開催日時
2022年10月12日(水)
13:00スタート/15:00終了 ※途中退出可能です

◆当日の予定スケジュール
13:00-13:30 自己紹介と妊婦さん・ママとのおしゃべりタイム
13:30-13:45 小児科医師 北畠先生のミニ講座
13:45-15:00 産婦人科、小児科の先生や、助産師さん・臨床心理士さんへの質問タイム

◆開催方法・人数
ご参加はどなたも無料!オンライン(Zoom*)を使用して行います。
先着15名ほどの妊婦さん・ママさんにご参加いただく予定です。
ご参加いただける方には、後日メールにてご連絡させていただきます。
詳しいお申し込み方法はページ下部をご覧ください。

◆ご参加いただける方
現在ご妊娠中の方 もしくは、0歳の赤ちゃんがいらっしゃるママ

◆開催までのスケジュール
10月 10日   ご応募締め切り
10月 11日    までにZoomのURLをメールにてお知らせいたします
10月 12日    座談会当日

 

○産科や小児科の専門家に、ゆっくり質問できる座談会です○

座談会には、大阪大学・生誕1000日見守り研究チームの医師や専門家が参加します。

妊娠・出産に関わる専門家に直接質問をしたりお話が聞けるチャンスです。

ぜひこの機会に、日ごろの不安や気がかりを解消ください。

 

参加者様から頂いたご感想

「先生方も優しく気さくな雰囲気で、安心して聞きたいことを質問でき大変満足しています。」
「一度に様々な分野の先生方からお話をいただける機会はなかなかないので、貴重な時間でした。」
「他の参加者の方の質問も自分にとっても参考になることばかりで、座談会ならではの良さだなと感じました。」

などなど、うれしいお声をたくさんいただいています!

以前の座談会の様子は、こちらからご覧ください >

助産師 松崎先生によるミニ講座の様子

 

大阪大学 生誕1000日見守りチームのご紹介

松﨑 政代(まつざきまさよ)【助産師】

大阪大学医学系研究科保健学専攻 生命育成看護科学講座 助産学・リプロダクティブヘルス教室 教授
専門は妊娠期の運動、地域母子保健活動

趣味は、温泉と銭湯・助産院めぐり。水天宮での腹帯会で妊婦さんに腹帯を巻くことが幸せ。犬が好き。将来の夢は、アジアの国で日本の助産を伝えること。

 

管生 聖子(すがおしょうこ)【臨床心理士】
座談会ファシリテーター

大阪大学大学院人間科学研究科 臨床心理学研究分野
専門は臨床心理学、周産期心理学とメンタルヘルス

趣味は、趣味は旅と自分が食べたいお菓子をつくること。バケツいっぱいのプリンを作って皆で分け合って食べるのが夢。

 

 

遠藤 誠之(えんどうまさゆき)先生【産婦人科医】

大阪大学医学系研究科保健学専攻 生命育成看護科学 母性胎児科学教室 教授
専門は胎児診断・胎児治療

趣味は、モンゴルのホーミーと馬頭琴。マウンテンバイクで山道を走るのも好き。将来の夢は、屋久島で針治療の先生になること。

 

 

北畠 康司(きたばたけやすじ)【小児科医】

大阪大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター・小児科 准教授
専門は、新生児医療、ダウン症研究

12歳、10歳、2歳の3人のこどもの受験と育児に追われつつ、新生児の集中治療と退院したこどもたちの成長発達を見守っています。
週末のお父さんメニューに困ったら、鶏もも肉を2.5kg買ってきて一気に唐揚げにしてしまいます。

 

中本 剛二(なかもとごうじ)

大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 生命育成看護科学講座 特任助教/みのお外国人医療サポートネット 事務局長
専門は文化人類学(医療人類学)、民俗学

文化・社会的な背景を踏まえたうえで、医療従事者と、患者さんや妊婦さん双方の視点から、医療におけるコミュニケーションの在り方や経験を考えていきたいと思っています。趣味は音楽(楽器演奏)ですが長期お休み中。犬の散歩でストレス解消。

 

武田 理宏(たけだとしひろ)【内科医】

循環器内科医/ 阪大医療情報部所属
阪大医療情報部で病院の電子カルテを管理。

病院のデータを患者さんに返す取り組みを行う。2児の父。

 

 

 

 

お申し込み方法

お申し込みは、LINE「生誕1000日見守り研究」公式アカウントで承ります。

1:LINE「生誕1000日見守り研究」公式アカウントを「友だち追加」してください。

2:LINE「生誕1000日見守り研究」公式アカウントメニューの右上「おしらせ」をタップいただくと、お申込みフォームが現れます。こちらからお申し込みください。

 

【ご参加にあたり、以下の点に同意をお願いいたします】

・参加のご案内は、info@milcare.co.jpよりメールで送付いたします。受信ができるよう設定をお願いします。

・座談会の事前と事後に、簡単なアンケートへご協力をお願いいたします。アンケートは、オンライン上でスマートホンから数分でご入力いただくことができます。

・本座談会はZoomを使用いたします。みなさまの情報の安全には細心の注意を払いますが、Zoomでのご参加にご理解をいただける方のご応募をお願いいたします。

・座談会の様子は、記録用に録画させていただきます。なお、録画を無断で公開することはございません。

・お話しいただいた内容は、「大阪大学・生誕1000日見守り研究」を通じ、次回座談会の開催の検討や、今後、妊産婦さんや産後のママパパのためのケアなどに参考とさせていただきます。※個人が特定されるような記録の使用はいたしません。

・お申し込みおよび、当日のZoomURLのご連絡などは、株式会社ミルケアが行います。