赤ちゃんをむかえる環境は?(妊娠中:Bのあなた)

アドバイス

【B】のあなたは

赤ちゃんのことだけではなく、やらねばならないことも色々あるようです。毎日忙しい中で頑張っておいでだと思います。お勤めの方もいらっしゃるでしょう。元気な妊婦さんであっても、ママ自身の負担は増えていることは確かです。

 

一言アドバイス

自分の体や心の変化をしっかりと観察しつつ、手を抜けるところは手を抜きながら、しんどくなったらすぐに休んでくださいね。周囲にしっかり頼り、それから自分の好きなこと、リラックスできることを思い切り堪能してくださいね。また、マタニティブルーズや産後うつなどについても知識として知っておきましょう。

 

←元のページに戻る

 

お問合せはこちら

 

このアドバイスは、「生誕1000日見守り研究班」が作成しています。

 

アドバイスについてご不明な点は以下までお問い合わせください。
mimamoritai1000@sahs.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学生誕1000日見守り研究班・自治体様問合せ窓口
電話番号 06-6879-2533

(大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 遠藤教授室 担当:中本)